小坪の殿

小坪漁港から披露山へ向かう狭い坂道の途中にある今でも現役の古井戸は殿の井と言います。土地の人は「とんのい」と発音するようです。どことなく親しみのこもった呼び方ですね。この井戸に向かって左手にひっそり佇む小坂天王社という神社は、鎌倉時代にこの土地に住んだ武士、小坂太郎光頼の居館跡とされます。小坂殿の屋敷内にあった井戸なので、殿の井と呼ばれるようになったそうです。かつて小坪は鎌倉四囲(東西南北)の内と見なされていましたから、殿と言えば鎌倉殿を指すわけですが、小坪の衆にはもうひとりの殿がいたのです。

小坂光頼は「第四話 将軍たちを楽しませた小坪海岸」で紹介したように、二代将軍源頼家を小坪に招き、長江明義らと酒肴を整え手厚くもてなした御家人のひとりです。「相模武士 鎌倉党」(湯山学著)によれば長江明義は桓武平氏鎌倉党の一族で、現在の葉山町長柄の地を本領とし、葉山一帯を支配しました。長江氏は鎌倉党でありながら、領地は三浦に近く、叔母が三浦党杉本義宗に嫁した縁などから、源頼朝が挙兵直後に惨敗した石橋山合戦では、鎌倉党がこぞって参戦した平家方の大庭軍には加わらず、三浦党の一味として衣笠城に籠もり平家方と戦いました。このように当時の三浦党は現在の逗子、葉山あたりまで勢力を伸ばしていましたから、小坪に館を構えた小坂氏も三浦党の武将だろうと思って調べてみると、小坂の名字を持つ人物は三浦一族に見当たりません。「現代語訳吾妻鏡(吉川弘文館)」正治二年九月の注には、小坂光頼について「生没年未詳。時田義遠の男」との記述がありました。さらに時田義遠の出自をたどると、相模国からはるか遠方、信濃源氏の武将だったと判明しました。どうした縁で光頼は小坪の地へやって来たのか、大いに気になります。

清和源氏と称される武門源氏は清和天皇の皇子、貞純(さだずみ)親王(陽成(ようぜい)天皇の皇子、元平親王とも)の子息経基(つねもと)が「源」の氏姓を賜り臣籍に下ったのが始祖とされます。経基の孫に当たる頼信は河内源氏の祖となり、嫡子頼義の子孫は鎌倉幕府を拓いた頼朝へ続きますが、頼義の弟頼季(よりすえ)は京武者から信濃国へ転じて高井郡井上郷(現在の長野県須坂市鮎川南部)に入植し、井上太郎を名乗ります。頼季が彼の地へ土着した動機について、宮下玄覇氏は著作「信濃源氏(宮帯出版社)」の中で、良質の馬を産出する牧の存在を指摘します。当時の戦闘形態は馬に乗り弓を射る騎射が中心でしたから、優駿を確保するのは武将にとって何よりの重要事。武門源氏の一員として、頼季は牧の経営に乗り出したのでしょう。平家物語「知章最期」の段に、一ノ谷の合戦に敗れた平知盛は信濃国井上産究竟の名馬「井上黒」に乗ったお陰で命拾いしたという逸話があります。

頼季の嫡子満実(みつざね)は信濃国に住み井上三郎太郎を称したと尊卑分脈に記され、その子孫に時田、矢井守、高梨、芳美(はみ)、須田など、井上郷周辺の地を領した庶流が生まれたとされます(前掲「信濃武士」より)。満実の子息光平が時田太郎を名乗り、その末裔が時田義遠と考えられます。小坂光頼の「光」は時田光平から一字をもらったのでしょう。信濃源氏井上氏の庶流時田氏を父に持つ光頼が小坂を名字とした理由は定かではありませんが、、須坂市に残る井上氏居館跡のすぐ南方に、十世紀の延喜式に載せられた小坂神社が現存し、井上氏が近くに住んだ十一世紀後半、源氏の氏神である八幡宮を祀ったと由緒にあります。光頼は信濃を離れ小坪へ移住する際、故郷の地名にちなむ小坂を名乗ったのか、あるいは時田氏は代々小坂神社を護る職にあったとも考えられます。ちなみに、小坪の小坂天王社の近くにも、おそらく光頼が勧請した八幡宮が現存します。

源平争乱期、信濃源氏は木曽義仲の挙兵に呼応し、井上光盛は横田河原の合戦で平家方の越後国城氏を撃退した主力となるなど、同門ながら頼朝とは一定の距離をとって活動しました。では、どのようなきっかけで小坂光頼は鎌倉殿に仕えるようになったのでしょうか。そこには二代将軍頼家と、義父である比企能員(よしかず)の存在が浮かび上がります。

かつて頼朝に乳母として仕えた比企尼(ひきのあま)は、平治の乱で捕らわれ十二歳で伊豆国へ流罪となった頼朝の身を案じ、夫の掃部允(かもんのじょう)と共に武蔵国比企郡へ移り住み、挙兵までの二十年間、物心両面で援助しました。頼朝が流刑地に来た当初、地元の者は平家の威光を憚り、誰ひとり食料すら与えなかったと言いますから、比企尼の支援は文字どおり命をつなぐ糧でした。その恩に報いるため、頼朝は比企尼の養子だった能員を家臣に取り立て、厚い信頼を寄せました。なにしろ御台所政子が産気づくと、能員の屋敷(現在の比企谷に立つ妙本寺のあたり)を産所に定め、男子(後の頼家)が生まれると乳母夫(めのとふ、養父の意)に任じたほどです。長じた後、頼家は能員の娘若狭局(わかさのつぼね)を妻とし嫡子一幡をもうけます。能員は次代将軍の舅となり幕府内で強い権力を手に入れました。もし一幡が三代将軍となれば、北条家に取って代わり外祖父の地位を得るでしょう。

建久十年(一一九九年)二月、頼家は亡父の遺跡(ゆいせき)を相続して二代鎌倉殿となりますが、わずか二か月後に頼家の訴訟裁決権は剥奪され、北条時政をはじめとした十三人の重臣による合議制が導入されます。数え年で十八歳の若輩者に過ぎない頼家に、頼朝時代から仕えるくせ者ぞろいの御家人たちをまとめ上げる器量や求心力は望むべくもありません。頼朝は二十年に及ぶ流人生活の中で、坂東武者たちが一所懸命に所領経営に励む姿を間近に見てきましたから、いざ挙兵を遂げたときには、彼らが武家の棟梁に何を望むか、どうしたら彼らを服従させられるか、よく知り抜いていました。一方で、大蔵御所に住み武将らが鎌倉殿に平伏する姿を見て育ったお坊ちゃん将軍に、複雑な利害の絡まる御家人同士の泥々した相論をそつなく裁く能力はないと判断されたのでしょう。

その八日後、重臣たちの決定に当てつけるかのように、頼家は自分に忠誠を誓う側近五人衆、すなわち小笠原弥太郎長経、比企三郎宗朝、同弥四郎時員、中野五郎能成、和田三郎朝盛(細野四郎兵衛尉とも)が鎌倉内で狼藉を働いても衆人は敵対してはならぬと、かなり無茶な布告を政所に提出し、不満の意を表明します。また、この五人以外はたやすく御前に参上するなとも求めました。お前たちの顔など見たくない、というわけです。

ここで注目すべきは、側近五人衆のうち二人ないし三人が信濃出身者で固められたこと。小笠原長経は、文治元年(一一八五年)八月に頼朝の推挙により信濃守となった甲斐源氏加賀美遠光の孫です。父長清は伊奈郡伴野荘の地頭となり、承久の乱では東山道の主力部隊として参戦するなど、信濃武士として長く活動します。中野能成は高井郡中野郷を名字とする武士。細野四郎兵衛尉は安曇郡細野郷の武士と考えられます。頼朝時代には影の薄かった信濃武士は、幕府内で幅を利かせる北条、三浦、安達、畠山などとは一線を画す存在であり、それゆえ頼家は彼らを抜擢し親衛隊のように扱うことで重臣たちに対抗したかったのでしょう。

頼朝は源氏同門の武将を強く警戒し、佐竹秀義、志田義広、木曽義仲、源行家、一条忠頼、安田義定、さらに実弟の義経や範頼まで次々と粛清し、信濃源氏嫡流の井上光盛も一条忠頼に通じていたとして元暦六年に誅殺しました。一方で頼朝は、誅殺した武将の家人でも有能な者は幕府体制に取り込もうとする面もあり、井上光盛の侍だった保科太郎、小河原雲藤三郎を御家人に取り立てました。また信濃善光寺の再建に向け信濃国目代と荘園公領の沙汰人に対し造営に尽力するよう命じ、自身も善光寺参詣を計画するなど、信濃国を重視する姿勢を見せます。腹心の比企能員を同国の守護兼目代に任命したことにも、信濃武士を取り込もうとする政治的意図をくみ取れます。

ここで頼家と信濃武士との関係が見えてきました。頼家は舅である能員の地位や人脈を利用して、幕府重臣たちとは関係の薄い信濃出身者を側近に登用したのです。そうした流れの中で、小坂光頼もまた鎌倉へ出仕して頼家の側に仕えるひとりに推挙されたのではないでしょうか。建仁二年(一二〇二年)九月に頼家が数百騎の武者を引き連れ伊豆、駿河両国へ狩りに出掛けた際、射手に選ばれた十人の勇者に小坂弥三郎の名があります。「現代語訳吾妻鏡」の注には「小坂光頼の男三郎政義、あるいは政義の男小三郎長頼」とありますから、光頼は家族を伴って小坪へ移住し、少なくとも孫の代まで暮らしたと思われます。他の武将のように本宅は領地に残したまま、出先機関として鎌倉に宿所を設けたわけではなく、小坪に骨を埋める覚悟で信濃国を後にしたのでしょう。

ところで小坂氏とは、小坪の衆にとってどのような殿さまだったのでしょうか。二代将軍頼家の時代は、頼朝が鎌倉に入部しておよそ二十年の歳月が流れ、武士、商人、職人、僧侶、芸能者など多様な人々が集う興隆著しい都市となり、とりわけ大町四辻(現在の大町四ツ角)一帯は町屋と呼ばれる商売小屋が建ち並ぶ賑やかな市場でした。少し後の時代になりますが、建長三年(一二五一年)に幕府は増えすぎた商売人の活動を規制するため、彼らの活動場所を大町、小町、米町、亀ヶ谷辻、和賀江、大蔵辻、気和飛坂山上の七個所に制限します。このうちの大町は現在の大町四ツ角、小町は現在の本覚寺、風神雷神像の構える門前の夷堂橋あたり、米町は大町四ツ角から若宮大路へ向かい下馬の手前に掛かる延命寺橋付近。ここは現在も米町の地名が残ります。また、大町四ツ角から南に坂を下ったところを流れる逆川に掛かる橋は魚町橋(いをまちばし)と呼びますから、かつてここに魚を商う町屋があったと推定できます。つまり夷堂橋、魚町橋、延命寺橋に囲まれた大町三角地帯は鎌倉でも有数の商業地だったと考えられます。小町に商売の神とされる恵比寿様を祀ったお堂があるのも納得いきます。小坪の漁師たちは、採れた魚貝を魚町へ運んで売りさばき、鎌倉に暮らす人々の胃袋を満たしたことでしょう。

大町三角地帯は多くの商売人たちがこぞって出店を願う一等地ゆえに場所取り合戦は凄まじいものだったに違いありません。当時、一般庶民の権利や財産、生命を保護する公的な仕組みは整備されていませんから、自己救済と言って自分のものは自分で守る。それができなければ泣き寝入りするしかありません。そんな殺伐とした社会を生きる庶民にとり、頼りになるのは武家や貴族、寺社といった権門の後ろ盾です。小坪の衆にとって小坂の殿さまは、願ってもないほど心強い味方だったでしょう。なにしろ将軍家と同じ清和天皇の血を引く名門の信濃源氏であり、幕府の重鎮である比企能員とも浅からぬ関係を持ちます。比企氏が居館を構える比企谷は小町の夷堂橋からすぐ目の前ですから大町三角地帯は比企氏にとっては門前町のようなもの。その治安維持に強い影響力を持っていたに違いありません。信濃国は、今で言うところの海なし県です。そんな遠方からやって来た頼もしい殿さまに、小坪の衆は新鮮な魚貝を献上して最大限に持てなし、それと引き替えに町屋での商売に対する庇護を受ける良好な関係を築いたのでしょう。

建仁三年(一二〇三年)、頼家が病を得て危篤となったのを好機と見て、北条時政は比企一族を滅ぼし、頼家も翌年には幽閉先の伊豆で殺害され、信濃源氏はよりどころを失います。頼家の側近だった小笠原長経、中野能成、細野四郎兵衛尉は拘禁され、おそらく鎌倉から追放されたのでしょうが、小坂光頼の動向は不明です。鎌倉幕府滅亡の小坪は美濃国土岐氏の一族、饗庭(あえば)氏の所領となりました(前掲の「相模武士 鎌倉党」より)。小坂氏がいつ小坪の地を離れたのかはともかく、その館跡に祠を建て永く今日まで敬い続けているのですから、小坂殿と小坪の衆はよほど厚い信頼関係で結ばれていたと思われます。